しなびるは方言じゃなかった(笑

ポテチとか乾燥に弱い食品とかでよく「しなびた」と言ってたんですが、てっきり方言かと思ったら標準語でした(笑

goo辞書によると

水分が失われて、張りのない縮んだ状態になる。衰えてみずみずしさを失う。「野菜が―・びる」「老人の―・びた顔」

 

漢字も「萎びる」

読めんかったのは内緒ですが、書けないなあ

 

「しなびる」を方言と思ったのは「ひしゃげる」とか「ひなびる」と一緒だと思ってたんですね。

 

「ひなびる」については同goo辞書によると

いかにも田舎という感じがする。いなかめく。「山あいの―・びた温泉場」

 

だそうです。鄙びた温泉とか言うんですねえ。

そして、これも漢字書けないし、読めない(苦笑

 

普段使ってる言葉って方言が強い地域にいるとほんとわからない。

ただ、萎びるが方言じゃないってことがわかったので堂々と使えますね(どこで?)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする